能登 神子原

NOTO MIKOHARA は神子原地区で収穫した農作物を取り扱うブランドです

ホーム > 神子原 > 守り継ぐ

守り継ぐ

この神子原地区では定年退職や早期退職に加え、移住して新規就農する人が増えています。
結果として、米に合わせた作業ができるようになりました。

しかし、神子原米が高い品質を維持できるのは、手間暇かけている証拠でもありますが、それを高齢者が支えていることは事実です。子供に苦労させたくないなどの理由から、後継者は少ないですが、移住してくる人も合わせると、確実に若い力が育ってます。

能登の農村文化・伝統が息づく山間地を守るだけでなく、新しい感覚を受け入れ適応することがこれから必要なのかもしれません。

_MG_5227am

森林はその昔、小さな田んぼが無数に連なる「千枚田」でした。
維持できない農地は、容赦ない自然の洗礼を受けます。

この自然の恵み豊かな土地だからこそなのかもしれませんが、放っておけば自然に取り込まれてしまいます。
神子の里では管理が難しくなった農地を借りて、神子原米を作っています。こういった取り組みは始まったばかりですが、神子原地区の棚田を「守り継ぐ」第一歩です。

_MG_5194am

この神子原米の育つ大地の恵みが豊富な土地で作られるのは米ばかりではありません。

近年は、くわい、そば、にも力を入れています。
『NOTO MIKOHARA』では、安心・安全はもちろんですが、昔ながらの手間暇かけた農業から生まれる作物を、自信をもって出荷しています。

この地の作物は、自然の恵み、受け継がれる知恵、積み重ねてきた経験があればこそ育つのです。

ページトップへ